伸びるほめ方

笑顔で語りかけると子どもも笑顔になれる

笑顔がさわやかな子どもに育てましょう。

そのためには、大人が笑顔を見せることです。

子どもに笑顔で接する

今日笑顔で子どもに語りかけましたか。

笑顔で語りかけられると、子どもはうれしくなります。

自分は好かれているんだな、愛されているんだなと、

言われなくてもわかり安心します。

植物の成長に光が必要なように、子どもの成長にはあたたかな愛情が必要です。

その愛情は、言葉や行いや表情を通して子どもに伝わりますが、

もっとも伝わりやすいのは笑顔です。

にこにこ笑いかけながら、

「お母さんは、あなたのことを大好きよ」と言えば、

子どもはとても嬉しく感じるのです。

いえ、たとえ「大好きよ」と言わなくても、

にこにこ笑顔で接するだけで、子どもは親から愛されていること、

大切に思われていることを感じとります。

自分が親から愛されていると感じることが、子どもには必要です。

親は、子どもが自分は愛されていると感じさせねばなりません。

子どもに愛情を示すのに、一番よいのは、親の心を表すことです。

たとえば、子どもがお手伝いをしてくれたとき、

「ありがとう」と言ってほほえむこと。

子どもが幼稚園や学校に出かけるときに、

「気をつけていってらっしゃいね」と言って笑顔で送り出すこと。

そういう日常の場面で子どもは、親の笑顔から愛情を感じます。

笑顔は伝染していく

親の笑顔をいつも受けて育つ子どもは、

他の人にも笑顔を与えることができる子どもになります。

他の人に笑顔で接する子どもは、明るくて、さわやかで、みんなから好かれます。

明るく前向きに物事に取り組み、ぐんぐん成長していけます。

多少失敗しても、すぐにまた立ち直ってチャレンジができます。

親の笑顔が、その子の心を支えているからです。

★今日のプラスアップ1★         

親の笑顔が子どもを伸ばす。(^.^)