親の習慣

夢を肯定する、自分も夢をもつ

夢をもっているとき、人は生き生きと輝きます。

目の前の困難に立ち向かっていけるのは、その先に叶えたい夢があるからです。

夢は生きる力の源になるのです。

夢といっても、3つあります。

子どもの夢、自分の夢、人の夢です。

自分が夢をもっていない大人は、ときどき子どもの夢を否定してしまいます。

「そんなの無理」

「できっこない」

「あんた、自分の実力を考えてみなさい」

と夢をつぶすようなことを言うのです。

そう言わなかったとしても、表情や態度でわかるものです。

「夢は何?」

と聞かれて、

「別に」「ない」

などとぶっきらぼうに答える子どもがたまにいます。

たいてい勉強などもやる気がありません。

でも、始めからそうだったとは思えません。

夢を語って、否定されたり、馬鹿にされたりするうちに、いい夢が消えてしまったのかもしれません。

大人は子どもの夢を応援する存在でありたいものです。

子どもの夢を肯定してあげましょう。

夢を受けとめ、応援してくれる大人がいれば、子どもは夢を捨てません。

そして、大人も夢をもちましょう。

どんな夢でもいいのです。

小さな夢でいいのです。

ワクワクするような夢であれば、瞳が輝きます。

自分の夢を語る大人の瞳を見て、子どもも目を輝かせます。

目を輝かせながら、自分の夢のためにがんばっていけるようになります。

★今日のプラスアップ1★

夢を肯定しよう。(^.^)