親の習慣

親も子どもと共に基本的生活習慣を確立する

    • 以前、島根県出雲市立大津小学校で教育講演させていただきました。

テーマは・・・

『子どもの生きる力を伸ばすためにできること~生活習慣を通して~』

でした。

講演の前には、次のようなテーマで小1から小6まで全クラスいっせいに、保護者対象の公開授業がありました。

1年 朝ごはんパワーで元気になろう

2年 甘いものに気をつけよう

・甘いものをとりすぎない、バランスのよい食生活

・早ね早おき大さくせん

3年 バランスのよい朝ごはんを考えよう

4年 すくすく育てわたしの体

5年 すい眠の大切さを考えよう

6年 メディア(テレビ・パソコン・ゲーム・ケータイなど)とのつきあい方

特別支援学級  ハッピー手洗い

私も教頭先生とともに、全クラスを少しずつ参観させていただきましたが、いずれもよく準備されたすばらしい授業でした。

特に感心したのは、この大津小学校だけでなく、数年前から、この地域では、幼稚園・保育園、他の小学校、中学校とも連携して、子どもたちの基本的生活習慣を確立するために地域が一体となって地道な取り組みがおこなわれていることです。

特に力をいれているのが、次の3点です。

1.食生活の改善(特に朝ごはんをしっかりとる・甘いものをとりすぎない)

2.早寝早起き(良質な睡眠を確保する)

3.メディア時間の制限 (ゲーム等に勉強や家族生活の時間を奪われない)

昨今、子どもたちの学力低下、コミュニケーション能力の不足などが指摘されています。

が、このような基本的な生活習慣の土台があれば、学校でも家庭でも、子どもたちの知力・体力・気力はぐんぐん育っていくと私も考えています。

ただ、基本的な生活習慣はすべて、子ども任せでは決して確立できません。

大人の働きかけ・模範が、どうしても必要不可欠となります。

★今日のプラスアップ1★

親子で基本的な生活習慣を確立しよう。 (^.^)