親の習慣

幸せになれる三つの心(子どもを伸ばす親の習慣)

親と子は、ある意味、一体です。

子どもが幸せであれば、親は幸せ。

親が幸せであれば、子も幸せになれるのです。

では、幸せになるにはどうすればいいのでしょうか。

幸せになる心の習慣とは

「お金があればいい」「美しくあればいい」「成績が上がればいい」

などという答えもありますが、それらも少しは関係あるでしょう。

でも、それらは相対的なもので、欲すれば限りがなく、不幸の原因にもなりえます。

幸せになるには、私は幸せな心の習慣をもつことだと考えています。

どんな状況であっても、幸せになる心の習慣です。

三つあります。

肯定的な心

感謝する心

前向きな心

前向きな心をもっている人は、どんな状況であっても前向きに人生を生きていきます。

肯定的な心をもっている人は、どんな状況であっても肯定的に人生を受けとめます。

感謝する心をもっている人は、どんな状況であっても起こりうることに感謝をします。

幸せになる心をもつ

こういう心をもっている人は、別にお金持ちでなくても、日々、幸せを感じています。

「生まれてきてよかったなあ」

「今日もいいことがあったなあ」

「ありがたいなあ」

「自分も人に喜ばれることをやろう」と思っています。

こういう親に育てられる子も同じように自分や人の存在、人生を肯定し、感謝し、前向きに生きていけます。

このような心を磨き育てるのは、私たちの極めて大事な仕事だと私は考えています。

★今日のプラスアップ1★

幸せになる心を磨く。(^.^)