学力を伸ばすヒント

算数の学力が、ぐんぐん伸びるノート指導

算数が伸びる子はノートがきれいです。

男子でも、ノート指導をきちんとすれば、どんどん伸びていきます。

私がいろいろな方から教えていただき、自分のクラスでも指導していた方法をご紹介します。

その方法は至って簡単ですが、効果抜群です。

ノートの最初のページの横に次のような用紙をはっておき、ときどき自分のノートはどうか、自己採点させるのです。

★算数のノートの心がけ10項目★

1.日付を書く。
2.ノートの真ん中に縦線を引く。
3.ページや問題番号を書くための縦線を引く。
4.ページを書く。
5.問題番号を書く。
6.2cm 以上の直線は定規を使う。
7.数字を正確に書く。
8.長い式の場合、等号(=)をそろえる。
9.答え合わせは赤ペンで、訂正も赤書く。
10.やり直しもノートにする。

これらひとつひとつのことには意味があります。
特に、重要なポイントは8です。

1.日付 (ノートは記録でもあるからです)

2.ノートの真ん中に縦線を引く。(8のためです)

3 ぺージや問題番号を書くための縦線を引く。(スッキリします)

4.ページを書く。(当然ですね)

5.問題番号を書く。(当然ですね)

6.2cm以上の直線は定規を使う。(定規を使うのを習慣化します)

7.数字を正確に書く。 (ミスが減ります)

8.長い式の場合、等号(=)をそろえる。(ちょっとしたことですが、=を横にいくつもつなげると式が長くなり、視線の動きが大きくなるために、計算が遅くなり、間違いやすくなります。=を縦にきれいにそろえれば、計算は速くなり、間違いも減ります

9.答え合わせは赤ペンで、訂正も赤で書く。(赤ですと、はっきり意識できます)

10.やり直しもノートにする。(多くの場合、このやり直しで子どもは伸びていきます)

慣れるまで細かく指導するのは、面倒のようですが、ノートを買った最初のページに10項目の用紙を張っておくだけでもOKです。

それだけでも、ノートは見違えるほど、きれいになるはずです。

このノート指導が徹底できれば、算数の学力は必ずアップします。

★今日のプラスアップ1★

 算数のノート指導をする。

ノートがきれいになると成績はアップする。(^.^)