学力を伸ばすヒント

子どもの質問は、好奇心、探究心を伸ばす

子どもは、ちょっとしたことに驚いたり、疑問をもったりします。

「夕焼けはどうして赤いの?」

「どうしてお空から雨がふってくるの?」

そんな質問は、子どもの驚きや感動から生まれる素朴な疑問です。

子どもの疑問にどう対応するか?

その疑問を親に聞いてくることもあります。

そのときに、親はどんな対応をすればよいでしょうか。

「もう、そんなつまらないことを聞いて・・・・・・」と嫌な顔をしたり、態度に表したりすれば、子どもは二度とそんな質問をしなくなくなります。

子どもの疑問や質問は、ずばり勉強そのものです。

興味をもち知りたいと思ったことを通して、知性がどんどん働き磨かれていくのです。

知っていれば教えてあげればよいでしょう。

知らなければ、いっしょに考えてあげればよいと思います。

また、いっしょに調べてみるということもできます。

ご家庭の居間に辞典や辞書、地図帳を置いていると便利です。

テレビニュースを見ていて、「お母さん、イラクってどこらあたりにあったかなあ」と聞かれたら、地図帳を手にとって調べればよいのです。

地図帳を開けば、ついでにいろいろなこと目に入ってきて勉強になります。

「あっ、カスピ海ヨーグルトのカスピ海ってこんなところにあったんだ」

また、「この赤い印、何?」

「それは、その国の首都よ、ほらイラクの首都はバグダット、日本の首都ってどこかわかる?」

「ええと、あった、東京」

「そう、その通り」というようなやりとりができます。

子どもからさらに、「ねえ、お母さん、首都って何?」と聞かれたら、辞典やネットでいっしょに調べればいいです。

そうすれば、子どもは調べることに抵抗がなくなります。

むしろ、調べることを通して、知りたいことがわかり、うれしくなります。

調べることが好きになり、これから先、調べることを通して、様々な新しい知識を吸収していけます。

子どもに教えてもらう

子どもが自分で調べることができるようになって、お母さんも知らないこと尋ねてきた場合、「お母さん、よく知らないわ。調べてわかったら教えてくれる?」と頼んでみるのもよい方法です。

子どもが調べたことを教えてもらうときは、「まあ、そういうことだったの。勉強になったわ。教えてくれて、ありがとう」とお母さんが感謝すれば、子どもは喜びます。

そんなちょっとしたことで、子どもはますます調べることが好きになります。

知性が磨かれ、学力が伸びていきます。

★今日のプラスアップ1★

質問してくた時はチャンスです。

「一緒に調べてみよう」 「わかったら教えてくれる?」(^.^)