絵本

男の子が楽しめる絵本10冊

男の子が楽しめるおすすめ絵本を10冊ほどご紹介します。

親子で楽しんでみてくださいね。

★『ぼく、仮面ライダーになる!』作・絵 のぶみ (講談社)

この「仮面ライダー」シリーズは、仮面ライダー好きの男の子がはまる絵本。

★『おまえうまそうだな』作・絵: 宮西 達也 (ポプラ社)

このティラノサウルス(恐竜)シリーズは、大人も泣けてくるお話。

★『時の迷路 恐竜時代から江戸時代まで』作・絵 香川元太郎(PHP研究所)

遊び感覚でついついはまって楽しめて勉強になる絵本。

★『ぼくのおふろ』作・絵 鈴木のりたけ(PHP研究所)

こんなお風呂があったらいいなと、親子で楽しめる絵本。

★『だんごむしそらをとぶ』作・絵 松岡達英(小学館)

たくさんの虫が登場する創作科学絵本。虫好きな男の子におすすめ。

★『むしたちのうんどうかい』作 得田之久 絵: 久住卓也(童心社)

この「むしたち」シリーズは、かわいいイラストで虫嫌いのお母さんでも大丈夫。

★『いちにちのりもの』作ふくべあきひろ・絵かわしまななえ(PHP研究所)

一日だけいろいろな乗り物になるというナンセンスなお話。親子で笑えます。

★『ホームランを打ったことのない君に』作・絵 長谷川集平(理論社)

夢を追いかける男の子に読んでほしい絵本。日本絵本賞受賞作品。

★『ウェン王子とトラ』作・絵 チェン・ジャンホン 訳 平岡 敦(徳間書店)

男の子をもつお母さんに読みかせしてほしい感動的な名作絵本。

★『おこだでませんように』作くすのきしげのり 絵 石井聖岳(小学館)

男の子の心理を代弁してくれる、親や先生にも読んでほしい絵本。

以上、拙著『男の子のやる気を引き出す魔法のスイッチ』(学陽書房)から

この中の1冊『おまえうまそうだな』をもう少しご紹介しましょう。

これは、大人でも感動して泣ける絵本です。(私も泣きました)

では、途中までのあらすじを・・・

ある時、おなかをすかせた大きな恐竜が、おいしそうな赤ちゃん恐竜を見つけてとびかかろうとします。

でも、あかちゃん恐竜は、その恐竜をお父さんと信じこんでしまいます。

そこから始まる、「お父さん恐竜」と赤ちゃん恐竜の温かでドキドキする交流・・・

「うわー、すごい!ぼくも はやく おとうさんみたいになりたいなあ・・・・」

と「お父さん恐竜」を尊敬する赤ちゃん恐竜。

しかし、ふたりは本当の親子ではありません。

いずれ別れなければならないのです。

「もうおまえには教えることがなくなった。だから、今日でお別れだ」

お父さん恐竜がそう言うと赤ちゃん恐竜は、ボロボロ涙を流しながら言いました。

「いやだ!いやだ!ぜったい いやだ!

ぼく、おとうさんみたいになりたいんだ。
おとうさんとぜったい いっしょにいる」

でも、お父さん恐竜は、一緒に生活できないのを知っています。

そこで、泣く泣くお父さん恐竜がとった方法は・・・。

お子さんに読み聞かせをしてあげるといいと思います。
最後は感動して、親子で泣いてしまうかも・・・。