『もしも天国のマザー・テレサが君のそばにいたら』の感想2

神奈川県藤沢市聖園女学院の先生が、拙著『もしも天国のマザー・テレサが君のそばにいたら』を読んだ中学1年生の生徒さんの感想文をいくつか送ってくださいました。

 『もしも天国のマザー・テレサが君のそばにいたら』

この学校では中学1年生の入学前に読書感想文を課題としているのです。

素直で正直な感想が多く、中学生とは思えないほど、しっかりした文章とていねいな文字でした。

3つほど抜粋してご紹介します。

困っている人がいたら手をさしのべてあげたい

私は、「なんでこんな自分が生まれてきたんだろう」とか「私は、生まれてこなければよかったのかな」と思うことが、ときどきあります。

しかし、マザー・テレサは私と同じ十二歳の時に、すでに人のためになる仕事をしようと思ったと知り、おどろきました。

マザー・テレサの自分の事をぎせいにしても人のために生きようとしている姿を見て、私には難しいと思いました。

マザー・テレサは、人間一人一人を大切にしていたと思います。
マザー・テレサは、死にそうな老人の体を洗ってあげたり、温かいスープを飲ましてあげていました。

私もこれからは、知らない人でも困っている人がいたら手をさしのべてあげたいです。

すぐに、マザー・テレサみたいには、できないけれど、これから、中学校、高校と成長していくなかで、優しい心をもち、困っている人の役に立てるようになれればいいと思います。

よりよい人間になることが大切だと分かりました

私はこの本を読むまで、マザー・テレサという人についてよく知りませんでした。しかし、この本を読んで、マザー・テレサがどんなに人の事を思う素晴らしい人か分かりました。

私は「どんな人であっても、何か美しいものをもっているものです」という言葉に感動しました。

私は今まで、他の人を比べて自分はダメだ、人と違うんだと自分を低く思っていました。でも、この本を読んで考え方が変わりました。

人間ひとりひとりが他の人とは違う最高の存在で、なにか必ず素晴らしいものをもっていると書かれていたからです。違うことを悪く思わず、逆に神様がつくられたユニークな存在だと思う考え方がすごいと思いました。

これからは、人と比べず、自分のいいところを見つけられるように努力したいと思います。

また、自分だけではなく、友達や家族など身近にいる大切な人のいいところを探して、そのいいところを素直に喜べるような人になりたいと思いました。

もうひとつ心に残っているのは、「勉強の目的というのは、私たちがよりよい人間になるということです」という言葉です。

私は受験勉強に一生懸命取り組みました。その時は絶対合格するぞという気持ちでがんばっていましたが、なぜ勉強するのかということはよく考えても正確には分かりませんでした。

しかし、その答えがこの本を読んで分かりました。
それは、よりよい人間に成長するということでした。

神様がくださった知性をつかって成長し、よりよい人間になることが大切だと分かりました。

これから先も悩むことがたくさんあると思いますが、マザー・テレサの言葉を思い出して、自分も、まわりにいる人も楽しくすごせていけるように、一日一日の時間を大切にしていきたいと思いました。

やりたくないことでも、一生懸命にやりたいと思います

私は以前にマザー・テレサの伝記を読んだことがあるので、この本の題名を見た時、すごく興味がありました。読み始めていくとスラスラと読むことができました。

私がこの本を読んで気づかされたことは、何事も心をこめてやるということです。

私も小学校の頃、掃除や係活動をしぶしぶやっていたことがありました。
でも、それではだめだから、自分の心構えを正して、あまりやりたくないことでも、一生懸命にやりたいと思います。

それと、私は受験勉強が正直、辛かったです。けれど、社会や人々に役立つ人間になるためには、勉強が必要だと気づいたので、それを忘れずに知識を増やしていきたいです。

マザー・テレサの言葉で心に残ったのは、「世界平和を実現するためにはどうしたらいいか」と尋ねられた時、「家に帰って家族の喜ぶことをしてあげること」と答えたところです。

私が思ったことは、一人一人が世界平和という大きなことを考えるのではなくて、一人一人が家族や友達、目の前にいる人に親切にすれば、だんだん平和になるということです。

私が考える平和は、みんなが平凡でも幸せで、心穏やかに暮らせることです。ですが、そう簡単にはうまくいかないと思います。

思いがぶつかったり、喧嘩になった時には、相手の話を聞いて理解し、また自分の意見も言って、お互い納得することが大切だと思います。

・・・・・・・・・・・・・

マザー・テレサのような偉人の生涯や言葉は、現代の子どもたちにも良い影響をあたえるんだなあと実感しました。

もちろん、私たち大人にも影響を与えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【出典】神奈川県藤沢市聖園女学院中学1年生
『もしも天国のマザー・テレサが君のそばにいたら』の感想から